メンテナンス|クイックドローマイクロフィルターのメンテナンス方法

ByMOT

3月 1, 2022

プラティパスのクイックドローマイクロフィルターは、中空糸膜を利用した浄水器です。中空糸膜には無数の微細な穴が空いていますが、繰り返し使用するとゴミや微生物でこの穴が詰まり、浄水能力が低下します。ここでは、フィルター内に詰まった不純物を取り除き、浄水能力を回復させる方法を紹介します。

8回使用したら1回メンテナンスを行おう

メンテナンスを行う目安は、8回の使用、または8Lの水を浄水した後となります。

8回(8L)に一回は、シェイクバックフラッシュの2つを行いましょう!

ひどく汚れた水でない場合でも、目には見えないミクロの汚れがフィルターの孔にどんどん詰まっていいきます。このメンテナンスを行わずに使用を続けるとフィルター寿命を大きく削る原因となってしまいます。

長く使うためにもメンテナンスは必ず行いましょう。

現場でもできる!シェイククリーニングの方法

アクティビティ中に濁った水などを使用していると、次第に浄水スピードが落ちてしまうことがあります。根本的な解決はバックフラッシュを行う必要がありますが、ここで紹介する簡易クリーニングを行うことでも水量を回復させることが出来ます。

手順

1.

汚水側リザーバーにきれいな水を入れる。
※フィールドで行う場合は浄水後の水を使用する。

2.

1Lまで入れよう。

3.

750mlをフィルターに通す。

4.

リザーバーには250ml残った状態にする。

5.

フィルターの蓋を閉め横に15秒間シェイクする。
この時、フィルター内部に水が入りフィルター内もシェイクされているイメージで行う。

6.

次は縦に15秒間シェイクする。
ここでも、フィルター内をシェイクするイメージで行う。

7.

フィルターを外し、リザーバーの水を捨てる。
シェイクしたことで、リザーバーには汚れが出ているのでフィルターを通して水を捨てないようにしよう。

8.

再度リザーバーに水を1L入れる。

9.

フィルターを接続し、リザーバーの水をすべてフィルターに通す。
水量が回復していれば終了。
回復していなければ、もう一度1.に戻り再度シェイクを行う。
何度かシェイクを繰り返しても回復しない場合は、バックフラッシュを行おう。

汚れを根本解決!バックフラッシュの方法

アクティビティから家に帰ってきた時など、次のアクティビティに向けて行う基本的なクリーニング方法をご紹介します。

準備するもの

清水用のソフトボトル(ペットボトルでも可)

手順

1.

清水(飲料水や水道水)が必要となるので、清水用のソフトボトルを用意する。
※ペットボトルでも可

2.

水を用意したソフトボトルに入れる。

3.

ボトルの口に、フィルターの飲み口を差し込む。

4.

ひっくり返し、清水をフィルターに流し逆流させる。
この時、最低でも500ml以上は流す必要がある。
水の濁りが無くなるまで行えば、バックフラッシュは終了。

この後、シェイクを行うと完全なメンテナンスとなる。
シェイクとバックフラッシュの組み合わせは8回(8L)に一回行おう。

長期保管の前後に!殺菌する方法

長期保管の前後や、フィルターやリザーバーにバクテリアが発生した場合などには、殺菌を行う必要があります。殺菌はキッチン用漂白剤などで簡単にできるのでお試しください。

準備するもの

キッチン用塩素系漂白剤

手順

1.

汚水側リザーバーに水を1L入れる。

2.

キッチン用の塩素系漂白剤を2.5ml用意する。

3.

汚水リザーバーに漂白剤を入れる。

4.

少しシェイクして塩素が水全体に行き渡るようにする。

5.

500mlの水をフィルターに通し捨てる。

6.

500mlを残し、キャップをして30分横にして置く。
この時、できる限り空気を抜くとより良い。

7.

残りのすべての水をフィルターに通し捨てる

8.

空の状態でキャップをして、さらに30分置く。
この時、漂白剤の成分がフィルターに浸透し殺菌される。

9.

漂白剤の成分は揮発してしまうので、フィルターの水をしっかり切った後、キャップをして保管しよう。
乾燥をする必要は無い。

衛生的な場所であれば乾燥させてから保管しても問題は無いが、完全に乾燥するのには自然乾燥で数日かかる。

安全性をチェックする方法

フィルターは強い衝撃が加わったり、凍結させてしまうと破損します。フィルターが破損したまま使用すると、飲水が汚染された状態になり危険です。
ここでは、フィルターが破損していないかどうかを見分ける方法をご紹介します。

手順

1.

汚水側リザーバーに水を1L入れる。

2.

フィルターを接続する。
このとき、フィルターの飲み口は外しておこう。

3.

水を半分フィルターに通す。

4.

フィルターを上にする。

5.

リザーバーを20秒ほど押し込む。
この時、GIF動画のようにフィルターから断続的に泡が出続ける場合は、フィルターは破損している。
このような場合はフィルターが汚染されているので使用を直ちに中止する必要がある。

正常な場合は、押し始めに空気が出ることがあるがすぐに空気が止まる。

                      array(23) {
  ["_edit_lock"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(12) "1687234901:1"
  }
  ["_edit_last"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(1) "1"
  }
  ["_ez-toc-disabled"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(0) ""
  }
  ["_ez-toc-insert"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(0) ""
  }
  ["_ez-toc-heading-levels"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(6) "a:0:{}"
  }
  ["_ez-toc-alttext"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(0) ""
  }
  ["_ez-toc-exclude"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(0) ""
  }
  ["covernews-meta-content-alignment"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(18) "align-content-left"
  }
  ["_yoast_wpseo_estimated-reading-time-minutes"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(2) "11"
  }
  ["_oembed_a9fc6a3bea7207728688b82bf1028336"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(342) ""
  }
  ["_oembed_time_a9fc6a3bea7207728688b82bf1028336"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(10) "1646118534"
  }
  ["_yoast_wpseo_content_score"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(2) "60"
  }
  ["_oembed_0343738dc8f6f709dc31cb26e52525fa"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(351) ""
  }
  ["_oembed_time_0343738dc8f6f709dc31cb26e52525fa"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(10) "1649909987"
  }
  ["_oembed_288bd090483dfdafabe16e060b28af41"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(352) ""
  }
  ["_oembed_time_288bd090483dfdafabe16e060b28af41"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(10) "1649910107"
  }
  ["_oembed_a92bb73e83a4d9249e9a05a75b0b1cf0"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(352) ""
  }
  ["_oembed_time_a92bb73e83a4d9249e9a05a75b0b1cf0"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(10) "1649913113"
  }
  ["_oembed_744ddc42360b2dc2c0daf8f7c0483be8"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(352) ""
  }
  ["_oembed_time_744ddc42360b2dc2c0daf8f7c0483be8"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(10) "1649913119"
  }
  ["_thumbnail_id"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(4) "3344"
  }
  ["cybocfi_hide_featured_image"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(3) "yes"
  }
  ["_uag_page_assets"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(600) "a:9:{s:3:"css";s:0:"";s:2:"js";s:0:"";s:18:"current_block_list";a:13:{i:0;s:14:"core/paragraph";i:1;s:12:"core/heading";i:2;s:11:"core/spacer";i:3;s:10:"core/embed";i:4;s:15:"core/media-text";i:5;s:12:"core/columns";i:6;s:43:"blockspare/latest-posts-block-carousel-grid";i:7;s:13:"core/calendar";i:8;s:34:"blockspare/blockspare-social-links";i:9;s:10:"core/cover";i:10;s:10:"core/image";i:11;s:17:"core/social-links";i:12;s:16:"core/social-link";}s:8:"uag_flag";b:0;s:11:"uag_version";s:10:"1708584013";s:6:"gfonts";a:0:{}s:10:"gfonts_url";s:0:"";s:12:"gfonts_files";a:0:{}s:14:"uag_faq_layout";b:0;}"
  }
}
                    

By MOT

株式会社モチヅキ