ガスストーブ or ガソリンストーブ|あなたにとってベストな選択は?

ガスストーブ(以下キャニスターストーブ)とガソリンストーブ(以下液体燃料ストーブ)の違いは、それぞれ長所と短所がありますが、ほとんどの場合はアクティビティの内容と個人の好みによって決まります。キャニスターストーブは、状況によっては大きなデメリットがありますが、より効率的な新しい設計により性能の差は以前ほど明確ではなくなりました。液体燃料ストーブは、長期の旅行や冬のコンディション、ガスカートリッジが使用できないような旅行では、依然としてリーダー的存在です。

ここでは、キャニスターストーブと液体燃料ストーブの違いを詳しく説明し、どちらが自分に適しているかを判断できるようにします。

Photo: @Lasting Adventures

ケースによる比較

【本体の重量】勝者:キャニスターストーブ

このカテゴリーでは、キャニスターストーブが断トツで有利です。ストーブ自体の重量を比較するのは簡単で、購入の決め手となることがよくあります。しかし、燃料や容器を含めた総重量は、この数字だけでは語れないことを忘れてはいけません。

【燃料の重量】引き分け(状況による)

重量の比較は興味深いものになります。ガスカートリッジ1個の重量は液体燃料ボトルより軽いのですが、キャニスターを何個も使えば、液体燃料ボトルよりかなり重くなります。
ちょっとした調理が必要な短い旅では、キャニスターが王道です。
長期の旅行や、ストーブをたくさん使う予定がある場合は、大きな液体燃料のボトルを持ち歩くのが一番です。
キャニスターストーブは軽量ですが、その分重量を軽減することができます。もちろん、これは2つの異なるシナリオの話であり、その中間に位置する冒険もたくさんあります。調理をする回数、状況、燃料の使用習慣を考慮してください。また、キャニスターを使い切った後も、旅の間はキャニスターを携帯しなければならないことも覚えておいてください。

【寒冷地での信頼性】勝者:液体燃料ストーブ

ほとんどの場合、液体燃料ストーブは寒冷地において最高の性能を発揮します。MSR最初のリモートバーナー式液体燃料ストーブであるモデル9は、高度で信頼できるストーブを必要とする登山家のために設計されました。

気温が低いとガスカートリッジの圧力が低くなり、ほとんどのガスカートリッジ式ストーブは、本当に寒い条件下では役に立ちません。キャニスターの温度を慎重に管理することで、寒く高い場所でも使用できる登山家もいますが、それでもこのストーブは大きな課題を未だに抱えています。MSRウィンドバーナーのような圧力調整機能付きキャニスターストーブは、圧力調整機能がないキャニスターストーブよりも、基本的なキャニスターの温度管理で、このような条件でも優れた性能を発揮します。(その詳しい理由はこちら

【環境への負荷】勝者:液体燃料ストーブ

それは疑う余地もありません。
液体燃料ストーブは、より少ないエネルギーで、より環境にやさしいアウトドアクッキングを可能にします。ポイントは、再利用可能な燃料ボトルです。

使用済みガスカートリッジは混合金属(アルミニウムではない)としてリサイクルできますが、これらの金属を引き取るリサイクルプログラムはそれほど多くなく、キャニスターを処理するものはさらに少ないのが現状です。

【メンテナンス性の高さ】勝者:キャニスターストーブ

キャニスターストーブは、メンテナンスの手間がかからないのが魅力です。メンテナンスはほとんど必要なく、何十年にもわたって安定した運転が可能です。液体式ストーブも信頼性が高いことで有名ですが、定期的なメンテナンスが必要です。

https://backcountry-research.jp/?p=328

条件や使用する燃料にもよりますが、数年に一度、あるいは年に数回、メンテナンスを行うことになるでしょう。幸いなことに、ストーブはメンテナンスがしやすく、掃除の仕方も簡単です。

【コスト】引き分け(状況による)

ほとんどの場合、キャニスターストーブは液体燃料ストーブより安価です。同時に、ガスカートリッジ燃料は液体燃料よりもかなり高価であることが多いです。

参考までに、キャニスター型燃料ストーブで1時間調理すると約500円かかりますが、赤ガスで1時間調理すると約50円、灯油など他の液体燃料はさらに安くなる場合があります。ストーブをたくさん使うなら、ランニングコストが安い液体燃料に限ります。プロのガイドサービスやアウトドアプログラムの多くは、液体燃料ストーブのみを使用しています。年に数回の短い旅行でストーブを使うだけなら、キャニスター燃料が合理的でしょう。

【燃料の確保が容易か】引き分け(状況による)

ガスカートリッジは様々な場所で入手できますが、どこでも入手できるわけではありません。人里離れた国や地域を旅するのであれば、液体燃料の方が安全です。XGK EXウィスパーライトインターナショナルなどの液体燃料ストーブ用の燃料は車が走っているのであればどこにいても見つけることができます。

ガスカートリッジストーブと液体燃料ストーブのどちらを選ぶかは、何をするか、どこへ行くか、何を好むかによって大きく異なります。このように、ガスカートリッジ式ストーブと液体燃料式ストーブの選択は、使用目的、使用場所、好みによって大きく異なります。

目的別の選択例

これら4つの目的別にどのストーブを選択すべきかをご紹介します。

週末のキャンプ

キャンプを楽しむ場合は、早くお湯が沸く必要も、軽くある必要もありません。それよりも複雑な料理を楽しんだり、経済的である必要があるでしょう。

ドラゴンフライは料理を楽しむキャンパーにもってこいのストーブです。とろ火から超強火まで火力を複雑にコントロールすることができ、ゆっくり煮込むミートソースから強火が決め手の中華まであらゆる料理を楽しむことができます。ドラゴンフライは液体燃料ストーブなので長時間調理を行うキャンプでも低燃費で経済的に使うことができるすぐれものです。

Photo:Tsutomu Endo

スリーシーズンのテント泊登山

テント泊登山は通常1~2泊で、荷物の重量を軽くすることが優先されます。登山の行程は長いので、素早く簡単に調理できるストーブが必要です。気温は温暖で、食事はフリーズドライや、アルファ化米など簡単なものです。

ポケットロケット2のようなキャニスターストーブは、このような用途に最適です。ストーブの重さはほとんどなく、平均的な旅で消費する燃料はISOPRO110、1つだけです。フィールドに持ち込む総重量は非常に少なく、ガソリンストーブのフューエルボトルよりはるかに少なくて済みます。さらに、ストーブ本体はとてもコンパクトなので、ほとんどのクッカーに収まります。

Photo:Tsutomu Endo

ロングトレイルハイカー&長期縦走

ロングトレイルでは補給なしで1週間以上トレイルに滞在することがよくあります。荷物の重量を減らすことは優先事項ですが、旅の期間中に必要な準備をすることも重要です。食事はフリーズドライの簡単なものから、何段階もの手順を踏んだディナーまで、幅広く調理します。時には氷点下まで気温が下がることもあり、雪を溶かすこともあります。


液体燃料ストーブのウィスパーライトはこのような用途のために特別に設計されました。キャニスターストーブより重いですが、燃費が良いので、長期の旅行でも総重量を減らすことができます。

詳しくは次の記事で紹介しています。

また、大人数のハイカーが1つのストーブでより多くの調理を行いたい場合にも最適なストーブです。ウィスパーライトインターナショナルは、白ガスが使用できない地域の旅に最適です。

Photo:@Scott Rinckenberger

また、ロングトレイルではウィンドバーナーが効果的です。風の影響を受けず燃料消費の変動がほとんど無いため、出発前に消費燃料の計算ができるのでロングトレイルでは結果的に重量を大きく減らすことができます。

アルパインクライマー

あなたの旅は短く、速く、そして優れた体力を必要とします。小型で軽量なパックを携帯することが、山での成功の鍵です。気温は夏から氷点下まで様々です。ストーブは雪を溶かし、お湯を沸かし、簡単な食事を作ります。風や寒さが性能に影響するような、露出した場所で調理することがよくあります。速く、コンパクトで、効率的なストーブは、非常に重要です。

ウィンドバーナーのようなストーブシステムは、このような旅に最適な選択です。ストーブシステムは、高速で効率的、かつ非常にコンパクトです。使い勝手がよく、数秒でセットアップが可能です。そして何より、ウィンドバーナーは風の強い条件下でも非常に優れた性能を発揮するので、露出した場所や悪天候でも頼りになります。

ストーブシステムは、ポケットロケット2のような従来のキャニスターストーブほど軽量ではありませんが、燃費が向上することで総重量を節約することができます。雪を溶かしたり、風の強い場所で調理したりする必要のある旅では、この軽量化は大きな意味を持つでしょう。

高所登山や極地冒険

ヒマラヤや南極などでは極限の環境でキャンプをします。このような登山は1週間以上続くことが多く、通常、3人以上の冒険家がアンザイレンに参加します。気温は常に氷点下で、ストーブを使用してグループ用の水を作ります。

XGK EXのような液体燃料ストーブは、このような条件下で機能するように作られたものです。このストーブは、どんな高度でも、どんな気温でも、雪を溶かすスピードとパワーを備えています。液体燃料を使用するため、長期の旅行でも重量を軽減することができます。信頼性が高く、メンテナンスが簡単なため、長期間の遠征でも水と食料を生産し続けることができます。多くの液体燃料ストーブと同様に、XGKは様々な燃料で作動することができ、発展途上国への旅行にも理想的な選択です。これらの品質により、MSR XGKはデナリ、南米、ヒマラヤ、そして南極へ向かうガイドや登山家の主力商品となっています。

Photo:Masatatsu Abe

南極冒険家の阿部雅龍さんは、南極冒険のレギュレーションでストーブはXGK EXに指定されていると話す。写真は2021-2022年にかけて行われた単独無補給徒歩でのしらせルート挑戦時。

MSRストーブ

他のストーブ記事

【MSR】海外で使えるストーブは?燃料は何が使える?

MSR|レギュレーター付きのガスストーブが寒冷地で優れている理由

超高性能|ウィンドバーナーの何がそんなにすごいの?

                      array(32) {
  ["_edit_lock"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(12) "1689313599:1"
  }
  ["_edit_last"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(1) "1"
  }
  ["_ez-toc-disabled"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(0) ""
  }
  ["_ez-toc-insert"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(0) ""
  }
  ["_ez-toc-heading-levels"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(6) "a:0:{}"
  }
  ["_ez-toc-alttext"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(0) ""
  }
  ["_ez-toc-exclude"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(0) ""
  }
  ["covernews-meta-content-alignment"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(18) "align-content-left"
  }
  ["_yoast_wpseo_title"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(18) "%%title%% %%page%%"
  }
  ["_yoast_wpseo_content_score"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(2) "30"
  }
  ["_yoast_wpseo_estimated-reading-time-minutes"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(2) "13"
  }
  ["_oembed_ad86d7eaf0ecda5acefcbda6899b8210"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(663) "
MSR|ガソリンストーブのメンテナンスをしよう。
" } ["_oembed_time_ad86d7eaf0ecda5acefcbda6899b8210"]=> array(1) { [0]=> string(10) "1689313222" } ["_thumbnail_id"]=> array(1) { [0]=> string(4) "4059" } ["cybocfi_hide_featured_image"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["_oembed_01590fa9b7a8bf6a11178df2d08b9801"]=> array(1) { [0]=> string(671) "
ロングトレイルではガソリンストーブが有利に?!
" } ["_oembed_bfa1427457a1ba09a6bab1a6b79ccd99"]=> array(1) { [0]=> string(11) "{{unknown}}" } ["_yoast_wpseo_focuskw"]=> array(1) { [0]=> string(18) "ガスストーブ" } ["_yoast_wpseo_metadesc"]=> array(1) { [0]=> string(156) "ガスストーブと液体燃料ストーブの違いを詳しく説明し、どちらが自分に適しているかを判断できるようにします。" } ["_yoast_wpseo_linkdex"]=> array(1) { [0]=> string(2) "67" } ["_oembed_time_01590fa9b7a8bf6a11178df2d08b9801"]=> array(1) { [0]=> string(10) "1689313222" } ["_ez-toc-visibility_hide_by_default"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["_yoast_wpseo_primary_category"]=> array(1) { [0]=> string(2) "95" } ["_yoast_wpseo_wordproof_timestamp"]=> array(1) { [0]=> string(0) "" } ["_oembed_41ecb44dda06a8f804d4435eb9410f8a"]=> array(1) { [0]=> string(548) "
ストーブ
" } ["_oembed_time_41ecb44dda06a8f804d4435eb9410f8a"]=> array(1) { [0]=> string(10) "1689313223" } ["_oembed_3b7288f928a585e20ef3a3042d388b0e"]=> array(2) { [0]=> string(11) "{{unknown}}" [1]=> string(11) "{{unknown}}" } ["_oembed_fe6707619599474270889c50fd5cf048"]=> array(2) { [0]=> string(671) "
ロングトレイルではガソリンストーブが有利に?!
" [1]=> string(671) "
ロングトレイルではガソリンストーブが有利に?!
" } ["_oembed_time_fe6707619599474270889c50fd5cf048"]=> array(2) { [0]=> string(10) "1712178921" [1]=> string(10) "1712178922" } ["_oembed_6ca619107b4ad419287b06acde4929b4"]=> array(2) { [0]=> string(548) "
ストーブ
" [1]=> string(548) "
ストーブ
" } ["_oembed_time_6ca619107b4ad419287b06acde4929b4"]=> array(2) { [0]=> string(10) "1712178922" [1]=> string(10) "1712178924" } ["_uag_page_assets"]=> array(1) { [0]=> string(621) "a:9:{s:3:"css";s:0:"";s:2:"js";s:0:"";s:18:"current_block_list";a:13:{i:0;s:14:"core/paragraph";i:1;s:10:"core/image";i:2;s:12:"core/heading";i:3;s:9:"core/html";i:4;s:10:"core/embed";i:5;s:39:"blockspare/blockspare-latest-posts-grid";i:6;s:12:"core/columns";i:7;s:43:"blockspare/latest-posts-block-carousel-grid";i:8;s:13:"core/calendar";i:9;s:34:"blockspare/blockspare-social-links";i:10;s:10:"core/cover";i:11;s:17:"core/social-links";i:12;s:16:"core/social-link";}s:8:"uag_flag";b:0;s:11:"uag_version";s:10:"1718538203";s:6:"gfonts";a:0:{}s:10:"gfonts_url";s:0:"";s:12:"gfonts_files";a:0:{}s:14:"uag_faq_layout";b:0;}" } }

By MOT

株式会社モチヅキ